クレジットカードガイド

クレジットカード・FX・キャッシングに関する情報発信をしています。

無職でもクレジットカードを作る方法はこれ

 

無職でもクレジットカードを作る方法があります

クレジットカード審査に申し込むための条件としては、満18歳以上(高校生不可)65~69歳以下で毎月安定して継続した収入がある事ですが、一般の会社員でも派遣や契約社員、さらには自営業者やパート・アルバイトでもこの条件に合致していれば審査への申し込みが可能です。

ただ、この条件に合致しない=毎月安定した収入が見込めない無職の人は、いくら満18歳以上65~69歳以下であっても審査への申込を行う事が出来ません。(厳密に言えば申込自体は可能ですが即審査落ちする事が濃厚です)


もっとも、無職なので毎月の収入がありません。毎月の収入が無ければカード利用代金の支払いが出来ませんので、クレジットカードを作ったとしてもその後の支払いを延滞する可能性が高いため、この申込条件は仕方ありません。

それに、クレジットカード会社も慈善事業でやっている訳ではありませんのでこれは当たり前と言えますが、実は現在無職の人でも条件次第ですが審査への申し込み→カード発行になる方法があるのです。

 

無職の方のクレジットカードの作り方はこれ

ここからは、現在無職の人がクレジットカードを作るための方法についていくつか解説します。基本的に無職の人はクレジットカード審査の申込書に無職と記入した時すでに審査終了となりますので、そうならないようにもこれから解説する方法で審査へチャレンジしていただければと思います。

ただ、これから解説する方法を実践するためには何かしらの条件が付いており、これらの条件をクリアしないと無職の人がクレジットカードを持つ事はほぼ不可能になりますので、どうしてもカードが欲しいのであれば条件をクリアして下さい。


■無職の人は家族カード審査へ申し込む■

現在無職の方が手っ取り早くクレジットカードを作る方法、それはこの家族カード審査に申し込む方法になります。というのも、この家族カードには基本的に申込者の審査は行われないからです。つまり、現在無職の人で毎月の収入がゼロという場合でも、審査が行われないため収入が無くても審査に影響する事はないのです。

そして、この家族カードは、大元のクレジットカードを持っている人(本会員)の家族が作る事が可能なカードとなっており、利用限度額は本会員のクレジットカード利用限度額の範囲内、利用代金の支払いも本会員が行う事になります。

という事は、クレジットカード会社としてはクレジットカード本会員の支払い能力を調査すれば良いだけなので、家族カード審査に申し込む家族の審査を行う必要が無いのです。


もっとも、家族カードの支払いをしてくれる人=本会員の支払い能力が分かれば良いので、家族の人が審査なしで持てることは当たり前と言えばそうです。つまり、家族カード申込者の審査を行う必要が無いため、例え家族カード審査への申込を行った人が現在無職だとしても関係ありません。

ですので、現在無職の人で家族にクレジットカード本会員がいれば、その家族カード審査に申し込む方法が、無職の人が一番早くクレジットカードを作る事が出来る方法と言えます。

ただ、家族カードの支払いはクレジットカード本会員が行いますので、本会員と利用方法について協議する必要があります。万が一延滞に繋がるような買い物をしてしまうと本会員の信用情報に金融事故が登録されてしまうため注意が必要です。


■無職の人は何かしらの収入手段を身につける■

無職の人には毎月安定した収入がありません。安定した収入が無いためクレジットカード審査に通らないのです。そしたら、逆転の発想ではありませんが、無職の人でも何かしらの方法で収入を確保すればクレジットカードを作る事が可能になるのです。

つまり、無職ではなく自営業でも派遣社員でも良いので、審査に通るために必要な職業を身につけるのです。派遣社員の場合には、派遣会社に登録をして何らかの仕事を行えばそれはもう立派な派遣社員になります。

また、自営業にはネットオークションや株、FXなどの金融取引で収入をあげ、自営業として審査への申し込みを行えば良いのです。


ちなみに、このネットオークションとは、ネット通販サイトや実店舗などで安く仕入れた商品をヤフオクやモバオク、さらにはamazonなどで販売する方法になり、現在このネットオークションだけで生計を立てている人もかなり存在しています。(この場合の職種は自営業になります)

それと、先程触れた派遣社員とは、巷に多く存在している派遣会社へ登録すると、派遣会社から派遣先を紹介されて紹介された会社で働く事になります。そして、派遣先で働けば当然ですが収入を得る事が出来ますのでクレジットカードを作る事が可能になります。

いずれにしても、無職の人がクレジットカードを作るための近道は家族カードになりますが、独身の人や家族にクレジットカード本会員がいないという人は、別途何らかの方法によって継続収入を得る事がカードを作るための近道になります。

 

デビットカードは審査なしで発行されます

私は無職だけれど独身で家族がいない、または家族は居るけどクレジットカードの本会員が居ないという人もいる事でしょう。そして、自営業を始めようとしてもうまく行かない、派遣会社に登録したけど仕事が無いという人もいる事でしょう。

人生長く生きていれば、時には自分の思い通りにならない事もあると思います。もっとも、人生が自分の思い通りになる人も中にはいると思います。それで、少し話を戻しますが、無職の人で家族カードが作れない、収入を得る方法もうまく行かないという場合には、審査なしで持てるデビットカードがお勧めです。


このデビットカードは基本的に満15歳以上(中学生不可)であれば、無職で安定した収入が無い人でも作る事が可能なカードです。

ただ、デビットカードを持つための条件があって、それは指定銀行口座にある程度預金があることになります。もっとも、このデビットカードは銀行預金残高の範囲内でのみ利用可能なカードになるため、ある程度の預金は必要になります。

しかし、銀行預金残高があれば一般的なクレジットカードとほぼ同等の使い方が可能となっていますので、検討の余地はあるかと思います。