ゼンセのブログ

クレジットカード・FX・キャッシングに関する情報発信をしています。

クレジットカード審査で転職には注意が必要です

 

人生において転職はあるかも知れません

毎日仕事をしてれば、今行っている仕事は自分には合わない、職場の雰囲気が苦手だなどと思い、中には転職を考える事がある人がいるかと思います。ただ、今の職場から転職を行うのですから、その勇気というか行動にはかなりの労力が必要になってくると思います。

しかし、現在の職場に満足していない人にとっては、転職をして新たな気持ちで仕事に取り組みたいのかも知れませんが、この転職、クレジットカード審査に少なからず影響を及ぼす可能性があるのです。


審査では、申込者の属性や信用情報を元に審査を進めていく訳ですが、この際申込者が今後継続的に安定した収入を得る事が可能か?否か?の判断が審査結果に大きな影響を与える可能性が高くなります。

そして、この継続的に安定した収入に大きく関わってくるのが、現在就いている勤務先や勤続年数になりますので、転職を行うとなるとこれらの属性が大きく変わってしまいますよね?そこで、今回の記事ではクレジットカード審査における転職の影響について解説します。

 

クレジットカード審査では継続して安定した収入が必要です

クレジットカード審査への申込を行う場合、大抵のクレジットカードには満18歳以上で毎月安定した収入がある人という申込条件があります。つまり、この申込条件に合わない無職の人は審査に申し込む権利さえ無いのです。

もっとも、そんな事は関係ないと審査への申し込みを行う無職の人がおり、カード会社側で申し込み自体は受け付けてくれるかも知れませんが、即審査落ちする可能性が高い事は言うまでもありません。


そして、審査に通るためには毎月安定した収入が必要になりますので、ある程度の規模の会社へ季節雇用では無く正社員としてある程度の期間勤務する事が出来れば、この申込条件をクリアする事が可能です。

また、正社員では無くても、パートやアルバイトでもある程度の期間勤務する事が出来れば、この申込条件をクリアする事が可能になります。

 

転職すると安定収入が途切れる可能性があります

現在毎月安定した収入があるにも関わらず、勤務先の環境や自分自身の考えによって離職→新しい会社へ再就職した場合には、毎月の安定収入が一時的にも途切れる事になりますよね?

毎月の給料が約束されていたとしても、そこはまだ転職したての新入社員(もしくはパートやアルバイト)になるため、勤続年数が短くなってしまいます。

勤続年数が短いという事は、毎月安定した収入が確保できているかどうかの判断材料となる実績が少ないため、クレジットカード会社からしてみればこの申込者に対して積極的に信用を与えようとは思わないのです。

 

転職した場合は最低でも1年以上は実績を積んだ方が良いです

やむを得ない事情によって転職した場合、新しい仕事に慣れて今後も継続的に勤務する事が可能と思えるようになるまでは、クレジットカード審査に申し込む事は控えた方が良いです。

もちろん、この期間は人や勤務先によって違ってくると思いますが、私の経験上では最低でも半年以上は必要であり、審査基準の観点からするとこの期間は最低でも1年程度必要になってきます。

そして、人によっては転職後1~2ヶ月程度で今後も継続しての勤務が可能と思えるかも知れません。しかし、転職後1~2ヶ月程度ではクレジットカード会社からの信用を得る事は難しいと言わざるを得ません。


さらに言えば、勤続年数が短いまま短期間のうちに数回転職しているという人は、毎月継続して安定した収入を得る事が難しいため、それだけで審査では不利になってしまう可能性が高くなります。そのため、短期間での転職を繰り返している人は転職後最低でも1年以上はもちろんですが2~3年程度はあった方が良いです。

もっとも、転職を繰り返している人は、それだけでクレジットカード会社から信用度が低いとみなされますので、ある程度勤続年数を積んでから審査に申し込んだ方が良いです。焦って審査へ申し込んでも勤続年数が審査基準以下の場合には審査に通らない可能性が高くなりますので注意が必要です。