ゼンセのブログ

クレジットカード・FX・キャッシングに関する情報発信をしています。

クレジットカードには振込キャッシングもあります

振込キャッシングではATMに出向く必要はありません

基本的に、クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠が付いており、ショッピング枠は買い物用、キャッシング枠は借入用というように、それぞれ使用用途が分かれています。

もっとも、キャッシング枠を使って提携ATMにて現金の借入を行い、その現金を使って買い物をする方も中に入るようですが、そういった使い方をする時は買い物を行う予定のお店がクレジットカード決済に対応していない場合が多いかと思われます。

ただ、キャッシングを利用した場合には毎日利息が発生する事になりますので、こういった買い物の方法はあまりお勧めできません。


それはともかく、クレジットカードのキャッシングには、あまり知られていないようですが消費者金融キャッシングと同様に、あらかじめ指定しておいた銀行口座へお金が入金される振込キャッシングがあります。

そして、振込キャッシングの場合には、提携ATMまで行く必要が無くいつでも自宅から申込を行う事が可能なため、あまり時間が無いという人にとってはとても便利なサービスになります。

そこで、今回の記事ではクレジットカードの振込キャッシングについて説明します。

 

クレジットカードの振込キャッシング利用方法

消費者金融のキャッシングでは、大抵の会社でネットによる振込キャッシングの利用が可能ですが、クレジットカードのキャッシングにも振り込みによるキャッシングが可能なものがあります。

もっとも、クレジットカードのキャッシングは、消費者金融キャッシングと比べてあまり利用者は多くないと思われますので、クレジットカードの振込キャッシング自体、あまり知名度は高くないようです。

さらに言えば、クレジットカード=ショッピングでのツケ払いという認識を持っている人が多いため、キャッシング枠という存在自体を知らない人もいるようなので、知名度が高くないという事もごく当たり前と言えます。


そこで、肝心のクレジットカードの振込キャッシングの利用方法ですが、各クレジットカード会社のマイページからネット申込による振込キャッシング、または電話による振込キャッシングなどの手続きを行って下さい。(詳細な手続き方法は各カード会社によって異なります)

ちなみに、この手続きの時間や振込銀行口座によっては、即日振込が可能な場合もありますので、即日振込を希望される方は、あらかじめカード会社の締め切り時間などの確認をお勧めします。

即日振込を期待して振込キャッシングに申込を行ったにも関わらず、実際の入金が翌日になってしまったら、その後の予定が狂ってしまう可能性があるため、申込締め切り時間の把握は重要になります。

 

振込キャッシングの返済方法

クレジットカードによる振込キャッシングの返済方法ですが、これは振込キャッシングの申込時に一括払いかリボルビング払いかの選択を行う事が可能です。

ただ、リボルビング払いの場合には、毎月一定額の支払いになるというメリットの代わりに利息がなかなか減らないというデメリットがあります。

ですので、少しでも支払利息を減らしたいのであれば、リボルビング払いよりも一括支払いを選択した方が良いかと思います。支払利息が少なければ少ないほどお金の負担が減る事になります。

 

振込キャッシングの注意点

自宅に居ながらクレジットカードのキャッシングが利用可能な振込キャッシングですが、1つだけ注意する事があります。

それは、キャッシング=現金を借り入れる事になるため、クレジットカードのショッピング枠の利用と同様に計画的に利用する事です。

特に、その返済方法については慎重に選ぶ必要があり、先程も説明した通りリボルビング払いでは中々利息が減らないという事態に陥る可能性があるため注意が必要です。