クレジットカードガイド

クレジットカード・FX・キャッシングに関する情報発信をしています。

基本的にキャッシングに保証人は不要です

 

キャッシングと保証人について

キャッシングでは、私たち個人が利用者が金融機関からお金を借りる訳ですから、金融機関としては債務の回収が困難にならないように審査で顧客の選別を行っています。

この際、金融機関ではキャッシング申込者の勤務先や勤続年数、さらには年収や居住年数などの属性や個人信用情報機関に登録されている信用情報を元に、申込者の今後の支払い能力を調査して自社顧客に適しているか否かを判断しています。

ですので、この審査段階で申込者の今後の収入見込みや支払い状況があまり良好ではないと金融機関から判断されてしまえば、審査に通らない可能性というか審査に落ちる=キャッシングを利用する事が出来なくなります。


もっとも、金融機関も慈善事業でキャッシングサービスを行っている訳ではありませんので、今後の支払いに不安がある申込者を審査に通してしまえば、債務不履行=自社に損失が出てしまう可能性が高くなりますのでこれは仕方のない事になります。

ただ、住宅ローンやオートローンなどでは、申込者本人の属性や信用情報が今一つの場合でも、保証人を付ければ審査に通る可能性がありますが、キャッシングでも保証人を付ければ審査に通る可能性はあるのか?について説明します。

 

基本的にキャッシング審査では保証人を求められる事はありません

私が消費者金融から借金をしていた頃には、借入金額が少なめのキャッシングにおいても、連帯保証人を求めてくる金融機関が何社かありました。

ただ、この連帯保証人というのが厄介で、顧客本人の支払いが困難になった場合にその請求が連帯保証人に行く訳ですが、その際顧客本人と連帯保証人との間でトラブルになる事例が結構あったのです。

これでは、私たちの身近な存在として気軽にお金を借りる事が出来るキャッシングというキャッチフレーズが成り立たなくなってしまいます。


ですので、現在では地方の金融機関までは調査が及ばないので分かりませんが、誰もが知っている大手消費者金融から連帯保証人を求められる事はありません。

 

キャッシングでは他金融商品と比べ金利が高くなっている

基本的に連帯保証人が不要なキャッシングなので、金額の大小に関わらず顧客に万が一のことがあった場合には、連帯保証人がいないため債務を回収出来なくなるリスクが発生します。

この際、キャッシングの金利が低ければ毎月の利息の回収だけでは損失分を埋めるには至らない可能性があります。そこで、金融機関では万が一の時のためにキャッシングの金利は他金融商品よりも高く設定されているのです。


もっとも、キャッシングの利用限度額は他金融商品と比べて低くなっていますので、少ない金額でより多くの利息を得るためには金利を高く設定する必要がありますよね?

これが、利用限度額が大きいカードローンやオートローンなどでは、元金が大きいので多少金利を低めに設定しても十分利息を得る事が可能になります。

要するに、金融機関ではトータルで損失が出なくて利益が出るようになれば良いので、利用限度額が低いキャッシングでは連帯保証人を要求せずに他金融商品と比べて金利を高く設定する事で対応しているため、キャッシングに保証人は不要となっています。