クレジットカードガイド

クレジットカード・FX・キャッシングに関する情報発信をしています。

キャッシング審査に通りやすい人はこういう人です

 

キャッシング審査にも通りやすい人はいます

急な出費が出たのでお金を借りたい、給料日まで数万円足りないのでとりあえずキャッシングで間に合わせたいなど、何かしらの事情によってお金が足りなくなった時の身近な存在、強い味方になるのがキャッシングになるかと思います。

ですので、キャッシング用のカードを持っていれば、あ、お金が足りないと思っても昔のように長時間車を走らせることなく近くのコンビニATMでお金を借りる事が出来る、時代の進歩は早いものです。

しかし、このキャッシングを利用するためには審査に通る必要がありますが、この審査には通りやすい人と通らない人の特徴がありますので、今回の記事で説明します。ちなみに、ここでいうキャッシングとは、消費者金融系と信販系の事になります。

 

キャッシング審査に通りやすい人

最初に断っておきますが、ここで説明する条件に全て当てはまっていたとしても、審査に絶対や100%が無い以上確実に通るという訳ではありません。あくまで審査に通りやすいと考えていただければと思います。


■毎月安定した収入がある

キャッシング審査では、申込者の年収は重要な要素になりますので、年収300万円以上はあった方が良いです。


■他社借入件数が0~2件以内

キャッシング審査では、申込者の現在の申込情報や利用情報などを参考に審査を行いますので、他社借入件数が複数登録されていると金融機関からは信用力が無い、お金に困っており今後返済困難に陥る可能性ありと判断され、審査では不利になってしまいます。

ですので、審査申込時における他社借入件数は、0件~2件以内が望ましいです。ただ、金融機関によっては他社借入件数3件以内であれば審査を続行するところもありますので、最大でも3件以内に抑える必要があります。


■他社借入総額が年収の1/5程度

消費者系や信販系キャッシングは、貸金業法による総量規制の制限を受けますので、他社借入総額は最大でも年収の1/3以下に抑える必要があります。

ただ、他社借入総額が審査申込時にすでに年収の1/3近くまであった場合には、いくら1/3以下と言えどもそれはほぼ総量規制の制限に当てはまっている状況と言えますので、審査に通らない可能性があるのです。

ですので、審査申込時における他社借入総額は、総量規制の制限まで余裕を持つという意味でも年収の1/5程度に抑えた方が良いです。


■正社員で勤続年数3年以上

キャッシング審査では、申込者の現在及び今後の収入状況が重要視されますので、正社員はもちろん勤続年数も3年以上あった方が良いです。もちろん、勤続年数1年以上でも審査に通る可能性はありますが、3年以上あれば勤続年数が理由で審査に落ちる可能性は低くなります。


■信用情報に金融事故情報が無い

これはキャッシングに限らず他の金融商品にも当てはまりますが、個人信用情報機関の信用情報に金融事故情報が登録されていた場合、金融機関によってはそこで審査が終わる可能性がありますので注意が必要です。

ただ、金融機関によっては、信用情報に事故情報(延滞情報)が登録されていても、その延滞が解消されていれば審査が続行される可能性もあります。しかし、審査に通りやすいという面から言えば、信用情報に事故情報が登録されていない事が絶対条件になります。


■過去1ヶ月以内の申込情報が2件以内

信用情報には、金融商品の申込があるとその情報が申込情報として登録されます。ですので、金融機関では信用情報に申込情報があると、この申込者は他社でも申込をしているなと一発で分かります。

そして、この申込情報他に成約情報が登録されていれば審査に通った事が分かりますが、成約情報が登録されていなければ審査に落ちた事が分かってしまうのです。

つまり、キャッシング審査申込者の信用情報に申込情報しか登録されていない場合には何らかの理由で他社から断られた事がすぐに分かりますので、自社の審査でも不利になる可能性があるため、過去1ヶ月以内の申込件数は2件以内に抑えた方が良いです。


■良好なクレヒスがある

キャッシングやカードローンなどの金融商品は、私たち利用者と金融機関との信用関係によって成り立っていますので、申込者の信用力を図る上でクレヒスはとても重要な役割を持っているのです。

ですので、キャッシング審査では信用情報に良好なクレヒスが登録されている方が登録されていない方よりも有利になります。


■親と同居している

キャッシング審査では、申込者の現在の生活環境を確認して今後の支払い状況の予測を立てますので、現在の申込者の収入における支出の割合も重要な要素になります。

その点、申込者が親と同居しているのであれば、毎月の家賃や光熱費などの生活費の負担が軽減、または親から援助されている可能性がありますので、審査では有利になります。