クレジットカードガイド

クレジットカード・FX・キャッシングに関する情報発信をしています。

キャッシング審査において良好なクレヒスは重要です

 

キャッシング審査で重要なクレヒス

キャッシング審査は顧客と金融機関との信用契約になりますので、この両者の間には信用契約を結ぶに当たって信頼関係を構築するための情報が必要になります。

この、顧客と金融機関が信頼関係を構築するための情報には、顧客の住所や氏名などの属性情報や現在及び過去の金融商品の利用状況などの信用情報がありますが、信用情報の中に支払い状況=クレヒスというものがあります。

このクレヒスとは、顧客の現在及び過去においてのクレジットカードやキャッシング、さらには各種ローンなどの金融商品利用代金の支払い状況が過去24ヶ月間に渡って登録されています。(CICの場合)


そして、信用情報に良好なクレヒスが24ヶ月間並んでいる場合には、自社及び他社での代金支払いが延滞無くスムーズに行われている事が分かりますので、その結果審査では有利になる可能性が高くなります。

つまり、キャッシング審査では、良好なクレヒスを積み重ねる事によって審査に通る可能性を上げる事が可能になりますが、あなたはどうやって良好なクレヒスを積み重ねたら良いのかが分からないかも知れません。

そこで、今回の記事では良好なクレヒスを積み重ねるためにどうすれば良いのか?について説明します。

 

良好なクレヒスを積み重ねるためには

キャッシング審査において、この良好なクレヒスを積み重ねるという事は永遠のテーマになりますよね。だってそれは、金融機関から良好なクレヒス=現在及び過去において延滞無く支払っている=優良な顧客と判断されるからです。

ですので、キャッシングやカードローンなどの金融商品に申し込むためには、自分の属性情報ももちろん重要ですが、それと同等いやそれ以上に信用情報の支払い状況が重要になってくるのです。

ただ、クレヒスが重要だからと言っても、一体どうやって良好なクレヒスを積み重ねたら良いのかが分からないという方のために説明すると、良好なクレヒス=延滞の無い支払い情報になります。


つまり、毎月の支払いを延滞無くコツコツと支払っていれば、信用情報に自然と良好なクレヒスが積み重なってきますので、毎月普通に支払っていれば問題ありません。

しかし、クレジットカードやキャッシング、カードローンなどの支払いが複数ある場合には、それぞれの支払日が異なっている可能性がありますので、各金融商品の支払日を頭の中に入れておかないと、ついうっかり延滞する可能性がありますので注意が必要です。

特に、多重債務の方は返済に追われているため、頭の中が疲れてしまいついうっかり延滞をしてしまう可能性がありますので、延滞せずしっかりと支払う事が重要になります。

 

身近なあれでもクレヒスが貯まります

基本的に、クレヒスは金融商品の利用代金を毎月延滞無く支払っていれば自然と貯まりますが、実は一般的に金融商品と呼ばれていない身近なあれの代金支払いでもクレヒスが貯まります。

そして、身近なあれですが、携帯電話本体代金の分割支払い分になります。携帯電話と言えば、今や1人に1台はあると言われており、その普及率はかなりのものがありますよね?

ただ、最近の携帯電話は機能が多様化してきており、それに応じて携帯電話本体の代金も高くなってきていますので、とても一括で支払い事が難しいというのが現状ではないでしょうか?


そこで、各携帯電話会社では、携帯電話の普及のために携帯電話本体の代金の分割払いを行っていますが、この分割払いが通常の金融商品分割払いと同等の扱いになっているのです。

つまり、私たちが普段何気なく携帯電話本体の分割払いを契約して毎月支払っている本体代金の支払い状況が個人信用情報機関の信用情報に登録されています。

そのため、各携帯電話会社では、支払い状況を信用情報に登録するために個人信用情報機関に加盟しているのです。


ですので、普段あまり金融商品を利用しないという方でも、普段使っている携帯電話本体代金を分割で支払っているのであれば、その支払い状況が信用情報に登録されていますので、毎月延滞無く支払って下さい。

たかが携帯電話本体代金の支払いと思っていても、その延滞情報はしっかり信用情報に登録されますので、毎月延滞無く支払う事が重要になり、その結果良好なクレヒスが積み重なっていきます。


ちなみに、この携帯電話本体代金によるクレヒスですが、中にはこれをクレヒスと認めていない金融機関もありますので万全という事ではありません。

しかし、近年では携帯電話本体代金の分割払いが増えてきており、現状クレヒスと認めている金融機関>認めていない金融機関という状況になっていますので、携帯電話本体代金の支払いは延滞無くしっかりと行って下さい。

たかが携帯電話、されど携帯電話なので、毎月しっかりと支払う事に意味があり、それは私たち携帯電話利用者の義務でもあるのです。