クレジットカードガイド

クレジットカード・FX・キャッシングに関する情報発信をしています。

キャッシング審査で利用可能な本人確認書類はこれ

 

キャッシング審査では本人確認書類は重要です

キャッシング審査では申込者に対して申込者本人が確実に存在する、または申込者本人からの申込である事を確認するために、審査時に本人確認書類の提出を求めています。

その理由としては、キャッシング審査に申し込んだ人が存在しない、または本人以外からの申込だった場合には、審査に通したとしてもその後に音信不通になり結果債務不履行になる可能性が出てきます。

金融機関としては、貸し出したお金は必ず回収しなければ経営が悪くなってしまいますので、何とかして債務不履行だけは回避する必要があるため、審査の際に本人確認書類の提出を求めているのです。


ただ、キャッシング審査では他金融商品の審査とは少し違い、提出可能な本人確認書類が限定されている場合が多々ありますので、今回の記事で説明します。

 

キャッシング審査で提出可能な本人確認書類

ここからは、キャッシング審査で提出可能な本人確認書類について説明していきます。


■運転免許証

ほぼ全てのキャッシング審査で提出可能な本人確認書類がこの運転免許証になります。もっとも、この運転免許証は氏名や住所の他に、生年月日や運転免許証番号、さらには顔写真まで記載されていますので、本人確認書類では最強になります。

まあ、この運転免許証はキャッシング審査だけではなく他金融商品はもちろん、金融商品以外の各種サービスにおいても本人確認書類として利用可能になっていますので、その信頼度は抜群になります。


■健康保険証

この健康保険証も、キャッシング審査の本人確認書類としては定番になります。さらに言えば、健康保険証の種類によって公務員か会社員か自営業などの職種も分かりますので、その信頼度は比較的高くなっています。

ただ、健康保険証だけではなく他の本人確認書類と一緒に提出という条件が付いている金融機関もありますので、詳細は各金融機関のサイトでご確認下さい。


■パスポート

このパスポートも、キャッシング審査の本人確認書類としては定番ですね。ただ、パスポート自体を持っていないという人もいるかも知れませんので、やはり運転免許証や健康保険証には一歩譲るという感じです。


住民基本台帳カード

住民基本台帳カードは、市区町村役場から希望者に対して発行されるカードになります。ただ、現在はマイナンバー制度により新規交付や再交付は廃止されています。ですので、住民基本台帳カードが有効期限内であれば提出可能になります。

ただ、この住民基本台帳カードですが、金融機関によっては提出不可になっているところもありますので、詳細については各金融機関のサイトにてご確認下さい。


■個人番号カード(マイナンバーカード)

この個人番号カードとは、マイナンバー制度が開始されてから交付されているカードになります。

ただ、現在のキャッシング審査においては本人確認書類として個人番号カードの提出が可能な金融機関はごく一部の金融機関(アイフルなど)に限られていますので、今後普及していくのかに注目です。


もっとも、マイナンバーは国民1人1人に対して発行されている、言わば個人情報の肝になっている番号になるため、キャッシング審査でもマイナンバーが記載されている本人確認書類はマイナンバーを隠して提出するようにとの注意書きがある場合がほとんどです。

ですので、個人番号カードが今後本人確認書類として提出可能となるのか?は不透明です。