クレジットカードガイド

クレジットカード・FX・キャッシングに関する情報発信をしています。

キャッシングで気軽に借金してしまう理由はこちら

 

やキャッシングは身近な存在になっています

私が消費者金融のキャッシングを利用していた当時は、今と比べてテレビCMも多くなく、また別名サラリーマン金融サラ金と呼ばれていたこともあってか、消費者金融のイメージはあまり良いものではありませんでした。

それが、近年の消費者金融のキャッシングは、テレビCMや各種広告にお金を出して積極的に広報活動を行っており、さらにテレビCMには有名タレントを数多く採用していますので、昔ほど悪いイメージは無くなっているのが現状のようです。

それよりも、昔よりイメージが良くなってきているため、近年では多くの方が気軽にキャッシングを利用しているようです。ただ、消費者金融から気軽に借金をしてしまうのには、近年のある社会情勢が影響しているようなんです。

 

キャッシングで気軽に借金してしまう理由とは

近年の消費者金融のキャッシングは、2010年に行われた貸金業法の改正によって、利息制限や過剰貸付けの抑制などにより利用者が安心して借入できるようになりました。

それまでは、利息制限法による上限金利出資法による上限金利の間の金利グレーゾーン金利によって、消費者金融=高い利息が取られると思われていました。


ただ、この貸金業法の改正による過剰な貸付の抑制によって、専業主婦や無職などの収入がない人たちの利用が難しくなってしまったのも現実としてあるんですよね。

もっとも、専業主婦や無職など収入が無い人は、キャッシングを利用したとしてもその後の返済が困難になる事は目に見えていますので、これらの人がキャッシングの利用が難しくなったのも仕方がないかも知れませんね。

 

気軽に借金をしてはいけません

最近のキャッシングはインターネットでも簡単に行えるようになり、また即日融資や無利息サービスなどのサービス向上も手伝って、審査に通りさえすれば誰でも手軽にキャッシングを利用する事が可能となっています。

ただ、ここはよく肝に銘じてほしいのですが、手軽になったとはいえキャッシングはお金を借りる=借金だという事なんです。


つまり、借金=返済の義務が生じますので、何があっても必ず返済する必要があるのです。返済が出来なくなれば、その情報が信用情報に登録されるため、その後数年間はキャッシングを含めた他金融商品の利用も出来なくなってしまうのです。

毎月少額の返済だからといっても、返済が少額=借金をしている事自体の間隔が鈍るため、さらに借金を重ねた結果、多重債務に陥る可能性もありますので、借金=必ず返済しなければならないという事を肝に銘じてキャッシングを利用して下さい。