クレジットカードガイド

クレジットカード・FX・キャッシングに関する情報発信をしています。

キャッシングカードが使えなくなった理由はこれ

 

キャッシングカードが使えなくなるには理由があります

せっかく審査に通過して手に入れたキャッシングカードですが、使っているうちにある日突然使えなくなることがあります。

今までは普通に使えていたはずのキャッシングカードが突然使えなくなると、かなり焦ってしまいますが、カードが使えなくなるにはきちんとした理由があるのです。

そこで、今回の記事ではキャッシングカードが使えなくなった理由についていくつか説明します。

 

キャッシングカードが使えなくなった理由はこれです

ここからは、キャッシングカードが使えなくなった理由について、考えられる項目についてそれぞれ説明していきます。


1.利用限度額を超えている

これは、ただ単にキャッシングカードの利用限度額を超えていた結果、カードが使えなかったという事になります。もっとも、利用限度額を超えていたらカードが使えないのは当たり前になります。

ですので、キャッシングカードを使う際には、あらかじめ利用限度額の確認をお勧めします。


2.返済が遅れている、または滞納している

キャッシングの利用代金の返済が遅れてしまうと、その後の利用が出来なくなります。そして、遅れている代金を支払う事によってカードの利用が可能になるのです。

そのため、現在キャッシング利用代金の返済が遅れている、または滞納している人は、まずは利用代金の返済を行う必要があります。


3.ATMが未対応

キャッシングカードによっては、使えないATMがありますので、提携ATMを使う前にはキャッシングカードがこの提携ATMに対応しているのか?の確認を行って下さい。


4.暗証番号が間違っている

キャッシングカードには、作成時に暗証番号を決めていると思いますが、この暗証番号が間違っていると当然ですがカードを使う事が出来ません。

そのため、暗証番号が間違っていた、または分からないという方は、まずは金融会社へその旨連絡を行い、暗証番号の変更手続きを行って下さい。


5.カードの磁気不良

キャッシングカードには、カード番号や暗証番号などカードを利用するために必要な情報が磁気情報として登録されています。そのため、この磁気部分が壊れてしまうとカード利用のために必要な情報を読み取る事が出来ないため、結果としてキャッシングカードが使えなくなります。

ですので、提携ATMでキャッシングカードが使えない場合には、この磁気不良も考えられますので、すぐに金融会社へ連絡をしてカードの再発行依頼を行って下さい。