クレジットカードガイド

クレジットカード・FX・キャッシングに関する情報発信をしています。

FXトレードにおける分析手法の基礎について

FXトレードでは分析手法が必要です

FXトレードにおいて、ただ専門用語を覚えるだけでは稼ぐ事は到底不可能です。まあ、それだけで稼げるのであれば、誰でも億万長者になります。

もっとも、専門用語=稼げる言葉ではありませんし、あくまで専門用語はトレードを行う上でFX初心者の方が覚えるものなので、いくら専門用語を覚えたとしてもそれがそのままFXで稼ぐという事には繋がらないのが現状です。

つまり、FXトレードでは、専門用語だけ覚えるのでは無く、今後為替相場がどのように動くのかを予測する=その先の分析手法まで覚えなければ稼ぐ事は不可能になるのです。


そこで、今回の記事ではFXトレードにおける分析手法の基礎について説明します。トレードではしっかりした分析手法があって初めて稼ぐことが可能になります。

 

トレードの分析手法の基礎とは?

FXトレードで稼ぐための分析手法ですが、これは大まかに分けて2つ手法があります。それは、テクニカル分析とファンダメンタルズ分析です。

テクニカル分析とは

テクニカルと聞くと、何だか高度な、または機械的なイメージが沸くかもしれませんが、FXトレードでのテクニカルとは為替チャートに表示される独特な線や集合体の動きを元に今後の為替レートの動きを予測するものです。

これをもう少し詳しく説明すると、為替チャート上に移動平均線と呼ばれている横長の線や上下に折れ曲がりながら延びているストキャスティクスやRSI、棒グラフのようなMACDなどのテクニカルを表示して売買のタイミングを計っていくことになります。


※テクニカルチャート例

f:id:tanatos3320:20190627051459p:plain



※ 赤色線→ボリンジャーバンド
※ 黄色線→移動平均線
※ 下 段→MACD


各種テクニカルには、それぞれに独自の特徴があります。まあ、それぞれ特徴が無ければテクニカル分析の意味がありません。

そして、これらテクニカルの特徴をうまく組み合わせる事によって、より効果的な分析をする事が可能になりますので、FXで稼ぐためにはこのテクニカル分析を覚えた方が良いです。


■ファンダメンタルズ分析とは

先程のテクニカル分析は、為替チャート上にテクニカルを表示させて分析を行う手法ですが、このファンダメンタルズ分析は為替チャートは使いません。ただ、ファンダメンタルズが要因で為替チャートが大きく動く事は多々あります。

それで、このファンダメンタルズ分析ですが、FXトレードで取り扱う通貨の該当国や該当国とつながりのある国の経済ニュースや軍事関係、例えば戦争や紛争が起きた場合など、さらには大規模地震などの各種ニュースを分析して売買のタイミングを計るものです。

確かに、各国で経済破綻や紛争が起きた場合には、該当国の通貨が大きく動くのは当たり前なので、このファンダメンタルズ分析は経済破綻や紛争後の為替レートの動きを予測する上で重要になります。


ただ、このファンダメンタルズ分析では、通貨該当国の状況はもちろん該当国と関係のある国までその影響が及ぶ可能性がありますので、中々一筋縄では行きません。

ですので、私の経験上FXで稼ぐためには、まずはテクニカル分析をしてその後テクニカルの動きを見ながらファンダメンタルズ分析を行った方が良いと思います。

もっとも、この2つの分析を同時にこなす事が出来れば一番良いのですが、それをするにはかなりの労力と時間と経験が必要になりますので、まずはテクニカル分析に集中した方が良いかもしれません。