クレジットカードガイド

クレジットカード・FX・キャッシングに関する情報発信をしています。

FX為替レートの見方について

FXトレードでは為替レートの見方を理解する必要があります

FX初心者の人がFXトレードで稼ぐためにはいろいろと覚える事があります。レバレッジスワップ、さらにはスプレッドやスリッページなどなど、基本的な事項は抑えておく必要があります。

もっとも、FXの世界には専門用語や専門的な知識が多くありますので、私がFXトレードを始めた頃は、まずは専門用語や専門的な知識について勉強してから、デモトレードを始めていました。


そして、今回説明する為替レートの見方は、ある意味FXトレードで稼ぐためには一番重要かも知れませんので、覚えて下さい。この為替レートの見方が分からないと、FXで稼ぐどころかFXを始める事が出来ません。

 

為替レートの見方

先程も説明しましが、FXトレードで稼ぐためにはFX会社のシステムにおける為替レートの見方はとても重要です。そして、この為替レートですが下記の画像例だと

f:id:tanatos3320:20190627052135p:plain




SELL120.329、BUY120.344となっており、SELLは売値、BUYは買値という意味になります。つまり、この例では120.344で買えます、また120.329で売れますという事になります。

ちなみに、このSELLやBUYですが、FX会社によってはSELL=Bid、BUY=Askという表示になっている場合がありますので、詳細は取引しているFX会社のシステムでご確認下さい。


それで、この為替レートですが、120.329や120.344など、小数点以下が3桁(ストレートペアの場合は5桁)になっている事が分かります。

実はこの3桁や5桁での表示ですが、以前は120.33や120.34などの2桁(ストレートペアは4桁)の表示が多かったのですが、ここ数年で3桁や5桁の表示になってきています。

もっとも、これには時代の流れが影響しているかも知れませんが、小数点の桁が多い方がより細かくスプレッドが設定出来ますので、FX会社や顧客にとってのメリットがあるのでしょう。


それと、この3桁や5桁の表示ですが現在もFX会社によっては2桁や4桁で表示しているところもありますので、詳細は取引しているFX会社でご確認下さい。

また、FXトレードでは為替レートの単位をpips(ピップスまたはピプス)と呼んでおり、クロス円(対円)では1銭=1pipsで1円になると100pipsと呼んでいます。

つまり、為替レートが120.329円から120.000円に下落した場合、この下落幅は0.329円=32.9銭になりますので、32.9pipsの下落=1万ドルを売っていれば3,290円の利益という事になるのです。