クレジットカードガイド

クレジットカード・FX・キャッシングに関する情報発信をしています。

ボリンジャーバンドについて説明します

 

ボリンジャーバンドもメジャーなテクニカルです


FXトレードにおける代表的なテクニカルの1つでもあるボリンジャーバンド。そして、このボリンジャーバンドですが、バンドという名称からも分かるように、収縮や拡大を繰り返しながら動いていくテクニカルですが、バンドの動きを読む事によって現在及び将来の為替相場の動きを予測する事が可能になります。

バンドの動きによって現在及び将来の為替相場の動きを予測する事が可能という事は、このボリンジャーバンドの使い方を極めれば向かうところ敵なしのような感じがしますが、果たしてそんな事が可能になるのでしょうか?

そこで、今回の記事では現在及び将来の為替相場の予測が可能となるボリンジャーバンドについて、その特徴と使い方について説明します。

 

トレードにおけるボリンジャーバンドとは?

FXトレードにおけるボリンジャーバンドですが、その構成は基本的に3本の線によって成り立っています。そして、この3本の線ですが、上・中・下と分かれており、上下の線は標準偏差と呼ばれています。また、中の線は○期間の移動平均線(ミドルライン)になっています。

f:id:tanatos3320:20190627055803p:plain


※ 水色線→±1.0σ
※ 緑色線→±2.0σ
※ 赤色線→±3.0σ


上記参考図では、標準偏差値を±1.0、2.0、3.0と3本(上下合わせると6本・真ん中の線はミドルライン)表示させて為替相場の動きを監視しているところです。

 

ボリンジャーバンドの見方

ボリンジャーバンドの見方ですが、先程の参考図内で上下のラインが収縮(あるいは横ばい)傾向で真ん中のミドルラインも横ばい傾向の場合には、為替相場にあまり大きな動きが無い=持ち合い相場という事になります。

ですので、為替相場が持ち合い状態で推移している場合には、ボリンジャーバンドの±2.0σ近辺での為替レートが反転する可能性がありますので、為替レートの動きとは反対方向へポジションを持ち、ミドルラインまたは反対側の±1.0σ、±2.0σ近辺での決済が有効なトレード手法です。

ちなみに、現在動いている為替レートの反転を見越して反対方向へ新規ポジションを持つ事をFXトレード専門用語では逆張りと呼んでいます。まあ、為替レートが動く方向とは逆方向へエントリーする(張る)訳なので、逆張りという名称も納得です。


そして、先程の例とは逆で、現在のボリンジャーバンドの上下ラインが拡大傾向にあり、さらにミドルラインも上向きまたは下向きの場合には、為替相場にトレンドが発生している可能性が高くなります。

為替相場にトレンドが発生しているという事は、今後しばらくこのトレンド状態が続く可能性があるのです。


そこで、この場合のトレードですが、まずはボリンジャーバンドの拡大方向やミドルラインの向きを確認します。

次に、ローソク足もミドルラインの向きの上または下で動いている時、例えばミドルラインが上向きの時にはローソク足はミドルラインの上、ミドルラインが下向きの時にはローソク足はミドルラインの下の場合はミドルラインの方向へエントリーする手法が有効になります。

つまり、現在のボリンジャーバンドが拡大傾向の場合には、持ち合い相場とは違いミドルラインの方向へエントリーする方法が有効になります。ちなみに、先程の逆張りとは違い、現在動いている為替方向へ新規ポジションを持つ事は、FXトレード専門用語では順張りと呼んでいます。