クレジットカードガイド

クレジットカード・FX・キャッシングに関する情報発信をしています。

一目均衡表について説明します

あまり聞き慣れない一目均衡表というテクニカル

ここまで、当サイトでは4種類のテクニカルについて説明してきました。ただ、私がいつも使っているテクニカルの説明を1つ忘れていましたので、今回の記事で取り上げたいと思います。

そこで、今回説明するテクニカルは一目均衡表と呼ばれているものです。一目という呼び名からも分かるかと思いますが、この一目均衡表とは一目見ただけで現在の為替相場の状況を把握する事が出来る、とても便利なテクニカルとなっています。

この一目均衡表為替相場の状況を一目見ただけで分かるなんて、かなり使えそうなテクニカルに思えますが、実際のところどのような感じなのか?について説明します。

 

FXトレードにおける一目均衡表とは?

この一目均衡表ですが、日本人の一目山人(ペンネーム)が生み出したテクニカルになり、一目均衡表を形成しているのは、基準線・転換線・先行スパン(1、2)、遅行スパン、雲の5つになります。

f:id:tanatos3320:20190627060049p:plain



上記画像は、無料為替チャートのMetatrader4に一目均衡表を表示させたものですが、画像内に基準線・転換線・先行スパン(1、2)、遅行スパン、雲の5つの要素が表示されています。そこで、ここからは5つの要素について説明します。


■基準線

この基準線ですが、過去26日間の最高値と最安値を足して2で割ったものになります。まあ、基準線という言葉からも分かるように、この方向によって現在の為替相場の方向性を判断する事が可能であり、下値や上値の目安になります。

■転換線

この転換線ですが、過去9日間の最高値と最安値を足して2で割ったものになります。過去9日間という基準線よりも短期間という事からも分かるように、この転換線によって短期的な買い、売り双方の圧力を計る事が可能です。そして、現在の為替レートが転換線を越えた場合には越えた方向への圧力が強いという事になります。

■先行スパン(1、2)

この先行スパンですが、1は基準線と転換線を足して2で割ったものに、また2は過去52日間の最高値と最安値を足して2で割ったものになります。ただ、先行という名称からも分かるように、先行スパン1、2を当日を含めて26日先まで表示させているのが大きな特徴になります。

■遅行スパン

この遅行スパンですが、当日の終値を当日を含む26日前に表示させたものです。つまり、先行スパンとは真逆の表示方法になります。

そして、この遅行スパン(当日を含む26日前に表示させた現在の為替レート)が26日前の為替レートよりも高いのか安いのかによって、現在のトレンドを計るという目安になっています。

■雲

この雲ですが、先程説明した先行スパン1、2の間に出来ている領域の事を言います。まあ、この領域を塗りつぶせば雲のように見えますので、この呼び名も納得ですね。そして、この雲ですが、FXトレードでは為替レートが反発または反落する際の抵抗域として使っている場合が多いです。

また、この雲の厚さによって現在の為替相場の抵抗圧力が強いのか弱いのかを計る事も可能です。雲が厚ければ抵抗力が強く、雲が薄ければ抵抗力も弱いという感じです。

 

一目均衡表のまとめ

ここまで、一目均衡表について説明してきましたので、ここではまとめの意味をこめて一目均衡表の使い方についてまとめてみます。

■転換線が基準線を上抜けた→為替相場は上昇傾向にある
■遅行スパンがローソク足を上抜けた→為替相場は上昇傾向にある
■転換線が基準線を下抜けた→為替相場は下落傾向にある
■遅行スパンがローソク足を下抜けた→為替相場は下落傾向にある
■雲が厚い→為替相場の上昇または下落への抵抗力が強い
■雲が薄い→為替相場の上昇または下落への抵抗力が弱い

一目均衡表では以上の事項を頭の中に入れておいていただければと思います。