クレジットカードガイド

クレジットカード・FX・キャッシングに関する情報発信をしています。

審査ではクレジットヒストリーが重要になります

 

クレジットカード審査とクレジットヒストリーの関係

これは何もクレジットカード審査に限った事ではありませんが、何らかの取引を行う場合には新規の方と取引を始める場合と今まである程度取引がある方とでは、後者との取引の方が安心感があります。

それは、新規の方の場合は今までの取引履歴が無い=今後の取引がうまく行くかは未知数なのに対して、今まで取引があった方の場合は過去の取引履歴(これをクレジットヒストリーと呼びます)を見ればある程度今後の予測を立てる事が可能です。

つまり、全くの新規よりも今まで何かしらの繋がりがあった方が取引を始めるに当たって有利になる可能性が高くなるのです。


そして、この事はクレジットカード審査にも当てはまりますが、今まで金融商品を一度も使った事が無い場合に比べてある程度金融商品を使った事がある方が、審査では有利になる可能性があります。

 

クレジットヒストリーとは?

ある程度金融商品を使った事がある=この利用履歴の事をクレジットヒストリーと呼んでいます。クレジットヒストリー(以下クレヒス)は、クレジットの歴史という意味なので、ピッタリの名称ですね。

歴史がある=今まで各種金融商品の利用があるという事は、少なからず審査へ影響してきますので、このクレヒスは審査においては重要な要素となっているのです。

ただ、先程今まである程度金融商品を使った事がある方と書きましたが、あなたは金融商品を使った事があるってどこで確認する事が出来るの?と思ったかも知れません。


もっとも、金融会社では自社顧客の利用履歴は自社データベースに登録されていますので、このデータベースを見る事によって自社顧客の利用履歴を確認する事が可能ですが、他社顧客の金融商品の利用データの詳細までは確認する事は出来ません。

しかし、他社顧客の毎月の支払い状況は、個人信用情報機関に登録されている信用情報を照会する事によって確認する事が出来るのです。それが、信用情報開示報告書に記載の入金状況になります。

 

CICにおけるクレヒスはこちら

ここでは、3つある個人信用情報機関の中からCICに登録されているクレヒスについて解説します。もっとも、このCICには数多くの金融会社が加盟していますので、CICに良好なクレヒスが登録されていれば、カード審査で有利になる可能性があります。

 

f:id:tanatos3320:20190628182016p:plain




上記画像はCICの入金状況のサンプルをエクセルで作成したものですが、金融会社では個人信用情報機関の信用情報を照会する事で、このように毎月の支払い履歴を確認する事が出来るんですね。ちなみに、この入金状況欄には顧客の支払い状況によって下記のマークが登録されますので、是非覚えておいて下さい。


【$】 当月の請求額どおり入金された(請求額以上の入金含む)
【A】 お客様の事情により入金がなかった。
【―】当月、請求もなく入金もなかった。
【B】 お客様以外の理由で入金がなかった
【C】入金されておらず、その原因が明らかになっていない
【P】 当月請求額の一部のみ入金された(一部入金)
【R】 お客様以外からの入金があった
【 】 クレジット会社から情報の更新がなかった(クレジットのご利用がなかった場合など)


それで、先程の支払い状況欄に戻りますが、この中で良好なクレジットヒストリーは【$】のマークになり、支払い状況欄にこのマークが並んでいれば良好なクレジットヒストリーが登録されていると言えます。

逆に、【A】や【P】マークが並んでいると、それは延滞したという意味になりますので、クレジットカード審査に通らない可能性が高いと言わざるを得ません。ちなみに、【―】や【 】のマークに関しては、金融商品の利用がなかったため審査結果に影響を及ぼすことはありません。

そして、上記支払い状況画像のAマークは未入金、$マークは入金ありを示すマークになりますので、この場合の支払い状況は直近の4ヶ月間未入金が続いている事からクレジットカード審査で落ちる可能性が高くなります。


また、クレジットカード審査で有利になるクレヒスの付き方は下記画像のような、毎月$マークが並んでいる=毎月の支払いがきちんと行われている状態になります。

 

f:id:tanatos3320:20190628182045p:plain




クレヒスがこのような状態であれば、ゴールドカードやステータスの高いクレジットカードを目指すのもありです。

 

クレヒスが無い審査ではこのような扱いになります

クレジットカード審査では、信用情報に良好なクレヒスが登録されていれば有利になりますが、ネガティブなクレヒス(延滞などの情報)が登録されていると不利になってしまいます。

つまり、審査に通るためには信用情報に良好なクレヒスが登録されている事も条件になりますが、中には良好なクレヒスどころか何もクレヒスが登録されていない人がいます。


そして、この事を業界用語でホワイト情報やスーパーホワイトと呼んでいます。そして、この入金状況に何もマークが付いていないとクレジットカード審査では不利になる可能性があるのです。

というのも、新卒の方はともかく、ある程度年齢を重ねてきた方であればある程度のクレヒスがあって当然ですよね?ただ、それが全く無いとなるとクレジットカード会社からは過去に金融事故を起こした後事故情報が削除されたと判断される可能性が高くなるからです。

もっとも、これは対人(対会社)での取引でも言えますが、過去に取引実績のある人と全く新規で取引を行う人とでは、前者の方が信用がある=取引する可能性が高くなることと同じです。


ちなみに、過去に金融事故を起こしている方でも、その情報は5年程度で信用情報から削除されます=クレヒスが全くない状態になります。ですので、クレヒスが無い方はまずはクレヒスを積み重ねてからクレジットカード審査に申し込んで下さい。